ココナッツオイルの効用


最近、発酵ローフードに邁進しているIkukoです。

44919f4c-b494-4651-902b-d31463fbb7b0

最近作った簡単スムージーの

中身はこれ!プラス、酵素ジュースです。

a32006b4-040c-48b5-8262-527602132468

そして、今朝の朝の散歩では、アーシングもやってきました!

も一つ、余裕のある時に取り組み始めたのが、オイルプリングです。

冷蔵庫の奥にしまいこんで忘れそうだったココナッツオイルを引っ張り出しました。

流石、純度のよいものは劣化しない・・・ココナッツ

本日のタイトルは・・・

ココナッツオイルの効用

なのですが・・・

以下、オイルプリングの効用について、自分の備忘記録用、引用です。

 

“オイルプリング”って聞いたことありますか? まず、名称の由来ですが、オイルは「油」、プリングは「引く」という意味で す。毒素を油を使い引っぱり出すということから、オイルプリングと呼ばれて います。 ココナッツオイル・オリーブオイル・ごま油・ひまわり油・グレープシードオ イルなどでうがいをすることです。 もともとは、インドの自然療法であるアーユルヴェーダ健康法のひとつです。 アーユルヴェーダでは、「ガンドゥーシャ」とも呼ばれ、ごま油を使用します。 最近の流行は、ココナッツオイルでのオイルプリングです。 ハマる理由は、デトックス、歯が白くなること、美肌、小顔にも効果的という ことがあげられています。

ココナッツオイルの成分は、酸化しにくい飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は、分 子構㐀が安定しているため、酸化に強く劣化が起こりにくい特徴を持っていま す。 さらに、ココナッツオイルの約60%以上は、健康にいい中鎖脂肪酸という種類 の脂質。中鎖脂肪酸は、害を及ぼす可能性のある細菌は殺しますが、 腸内の善玉菌は殺さないとのこと。そして、肝臓で分解されて脳のエネルギー 源となるケトン体になり脳を活性させます。体内に蓄積されにくく、さらに身体の代謝作用を加㏿させ、より多くのカロリーを燃焼させるという、嬉しいこ とだらけ。病気 予防だけでなくダイエットや小顔にまで効果があるのですから、オススメです。

『オイルプリングのやり方』

1 大さじ1杯くらいのオイルを口に含み、15~20分程度クチュクチュします。 口の中全体に行き渡らせましょう。時間帯は、朝起きたときの胃が空っぽの状 態がベスト。

2 オイルを吐き出します。オイルには細菌が含まれているので、決して飲ま ないように気をつけてくださいね。吐き出すときは、ポリ袋かティッシュに吐 き出しましょう。流しに吐き出すと油が固まり排水口が詰まる原因となります。

3 ぬるま湯か、塩を入れたぬるま湯でうがいをし、終了。 ココナッツオイルが含んでいるラウリン酸は、免疫力強化・抗菌作用・抗炎症 作用があります。自然界でラウリン酸を最も豊富に含むのは、何といってもコ コナッツオイルです。 食べて良し、うがいして良し、ぜひためしてみてください。

 

明日から水無月ですね。

各地で田植えが見られるころ、あの田圃のぬかるみ、大好きなのです。\(^o^)/

最後に、ちょっと宣伝です。

 

発達障害、うつ、認知症などの症状をご自身がかかえていらっしゃるか、または、そうした家族をかかえてお悩みの方へ

薬物による治療ではなく、ご本人様のいのちの根源に働きかけることで、家族やお子様の問題を根本的な解決へと導ける方法があります。

発達障害傾向に悩んだ自分自身の経験、そして、20年近く自然療法家として取り組んできた知識を駆使して、あなたのお悩みに真摯に向きあい、改善へと導きます。

初めての方
90分 初回5千円にてご相談を承ります。

完全予約制;
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~
19:00~
(土日もお受けできる時がございます。)

お問合わせボタンより、ご予約ください。

次回、ブログで発達障碍について、書いてみますね。

こちらのチラシです⇒ スワミ


カテゴリー: ブログ   作成者: Ikuko パーマリンク

Ikuko の紹介

≪東京 府中市のホリスティックヒーラー ・代替療法家 ≫   ♦シータヒーリング(R) ♦英国ARH認定ホメオパス  ♦西洋式レイキ ♦ネイチャー(フラワー)エッセンスプラクティショナー  ♦DIP ジェモセラピー(植物の幹細胞療法) ~☆☆☆~ あなたに合ったオーダーメイドの方法で、楽しみながら、自分らしさへと回帰し、より楽に生き生きと、望み通りの人生をと夢を実現し、幸せを拡大するお手伝いをします! お気軽にお訪ねくださいね。 あなたのこころとからだと本当の気持ちに寄り添い、 そのまんまに、どんどんHappyに、自由に、軽くなっていただきます。