お悩み相談室、開設しました。


最近、特に発達障碍との声を頻繁に耳にするようになりました。
あなたが、一般的に、理解している発達障碍とはどのようなものですか?

発達障害について

発達障害は、脳機能(認知)の障害といわれます。

親の育て方やしつけが原因ではないとの認識は、すでに広まっていることと思います。
発達障害は大きく3つのグループに分類されます。

ADHD(注意欠如・多動性障害)
LD(学習障害)
自閉症スペクトラム障害ASD(自閉症、アスペルガー症候群など)
見たこと聞いたことを理解し、記憶する、過去の経験から適切に対処するといった脳のさまざまな機能のことを「認知機能」と呼びます。
発達障害があるお子さんの脳にはこの認知機能に、かたよりがあることがわかっています。

そして、この認知機能に障害が起こる主たる原因として、

1. 遺伝的なもの  もって生まれた脳機能の遺伝的な素因

2. 環境要因  虐待・いじめなど人間関係で生じるストレス

があるというのが、一般的な見方です。
障碍それぞれに医学的な診断基準があり、その特徴も異なります。

 

発達障碍は、どうやったら改善する?

ずっと悩んで親子で試行錯誤しつつ歩まれてきた友人たち、そして、自身の経験から、
発達障害は周囲の理解によって、かなりの改善が見込めるものです。

また、私たちが晒されているジオパシックストレスや電磁波汚染、農薬や重金属の影響、環境ホルモンの影響がまったくないとは言い切れません。

そして、発症するか否かは、環境被害といっても過言ではない面があります。

これまで、発達障害の発症原因は不明であると説明されてきました。

遺伝的とみる考えは、生物ゲノムの塩基配列の表現型の違いです。

人口の1%以上の頻度で存在する遺伝子の変異を遺伝子多型といいます。

神経伝達物質であるドーパミン、ノルアドレナリンやセロトニンなどの合成や分解などの代謝に関係する酵素タンパク質の遺伝子DNAの多型変化が、子供たちの脳の発達に関係することが報告されています。

また、環境的要因として、環境汚染物質である水銀、鉛、PCB、ダイオキシンなどの微量慢性蓄積による影響が指摘されています。
症状の多様性と診断のむずかしさについて、また、発達障害を予防可能と論じる本があります。

アルツハイマーやボケの研究をされている脳神経科学者による

「発達障害の原因と発症メカニズム 脳神経科学からみた予防、治療・療育の可能性」

黒田洋一郎著

書評に、「微細なシナプスから疫学まで、最新の脳を巡る科学を集積し、再構築された脳の「共発達」の様相は、発達障害の常識を逆転させ、さらに予防や、脳に沿った正しい療育すら明示する。」とあります。

 

 

 

今なら、初回トライアル期間中

発達障害、子育てのことでお悩みの方

うつ、物忘れなどの症状でお悩みの方

慢性化したアレルギーや喘息でお悩みの方

現在の治療に限界や違和感を感じいていらっしゃるあなたへ

あなたのお悩みを、根本的な解決へと導く方法があります。

一度、ご相談にいらっしゃいませんか?

初めての方 初回のみ 1時何 3千円にてご相談を承ります。
完全予約制: 10時~最終受付時間19時

_________________________________________

ご予約はこちら

 

 


投稿者:

Ikuko

≪東京 府中市のホリスティックヒーラー ・代替療法家 ≫   ♦シータヒーリング(R) ♦英国ARH認定ホメオパス  ♦西洋式レイキ ♦ネイチャー(フラワー)エッセンスプラクティショナー  ♦DIP ジェモセラピー(植物の幹細胞療法) ~☆☆☆~ あなたに合ったオーダーメイドの方法で、楽しみながら、自分らしさへと回帰し、より楽に生き生きと、望み通りの人生をと夢を実現し、幸せを拡大するお手伝いをします! お気軽にお訪ねくださいね。 あなたのこころとからだと本当の気持ちに寄り添い、 そのまんまに、どんどんHappyに、自由に、軽くなっていただきます。