この時期は、桃の酵素シロップ!


この季節の旬のものは、何だろう???

ひらめき パイナップルと桃で、酵素ジュースを作ろうと思い立ちました。

 

DSC_0007

 

くだもの1キロ前後で、作りたかったため、実際は、桃とキュウイの仕込みに化けてしまったのですが・・・^^

(次回は、完熟パインね !(^^)! )

仕込むときは、くだものは3ミリカットぐらいにして、桃、キュウイなら、皮も種も丸ごと使います。

そして、くだものと砂糖の割合が、だいたい、1:1.1 になるようにします。

最初は、大量の白砂糖を使用することに抵抗がありましたが、精白された砂糖の方が、酵母菌のエサとしてはすぐれています。

実際に何度も作って、酵素ジュースが、からだに悪くないものに変化していることは、人体実験、証明済みです。

白砂糖=ショ糖ですが、2糖類であるショ糖は、果糖(科学名:フルクトース)とブドウ糖(グルコース)が結びついたもの。

精製されつくした純粋なショ糖は、逆に、酵素の発酵がしやすいようで、発酵の過程で簡単に分解され、無害化されます。

 

仕込んだ後は、1日以内に砂糖を全部溶かし切るように、流水で洗った手で、朝晩、よくかき混ぜるだけです。

手についている常在菌を利用して発酵させていきます。

しばらくすると、くだものが透明になり、かき混ぜると、プクプクと白い気泡が出て来るようになります。

さすがに夏場は、発酵が早い!

生温かい感触とともに、本日3日目にして、かき混ぜた直後、白い泡がブクブクと立ち上がりました。

写真は、少し泡が落ち着いて、素材が見える用になったところです。

 

DSC_0010

 

1週間を待たずして、そろそろ、完成に近づいてきました。

出来上がった酵素シロップは水や炭酸水で割ったり、スムージーに混ぜたりして楽しめますし、煮物などにも使えます。

酵素アクは、洗顔や食材の酵素洗いに使えます。

しぼりかすはそのまま生ジャムになるし、お菓子作りに使えるし、スムージーをつくるときに混ぜれば、保存もきくようになります。

 

酵素シロップのある、発酵ライフ、楽しいですよ♪

 

 

 


投稿者:

Ikuko

≪東京 府中市のホリスティックヒーラー ・代替療法家 ≫   ♦シータヒーリング(R) ♦英国ARH認定ホメオパス  ♦西洋式レイキ ♦ネイチャー(フラワー)エッセンスプラクティショナー  ♦DIP ジェモセラピー(植物の幹細胞療法) ~☆☆☆~ あなたに合ったオーダーメイドの方法で、楽しみながら、自分らしさへと回帰し、より楽に生き生きと、望み通りの人生をと夢を実現し、幸せを拡大するお手伝いをします! お気軽にお訪ねくださいね。 あなたのこころとからだと本当の気持ちに寄り添い、 そのまんまに、どんどんHappyに、自由に、軽くなっていただきます。