里山の断片の記憶、思い出にはしたくない・・・

A course in Miracles のワークに取り組みたいと思ったいるが、なかなか実行に移せないでいる。

Judgment will always give you false directions, but vision shows you where to go.Why should you guess?
判断は常にあなたに間違った道を与える。でもビジョンはあなたが行くべき道を示してくれる。なぜ憶測する必要があろうか?

このことを心から体得したいと思っている。

私自身は、宗教とは縁のない人間だが、昨日、都市計画道路が途中まで出来あがった道路近くの西国分寺教会の牧師の方と話す機会を得て、近隣に同士を得たりという感じだった。

豊かな自然の美しさの前に、心から自分を大切に思えるとき、私たちは、どんな環境を自分自身のために保全してゆきたいと思うだろうか?

住民投票でその是非が問われた小平市の東京都の都市計画道路は、この美しい江戸の産業史跡・玉川上水を貫通し、貴重な雑木林を消失させる。四季を通じ、散策、野鳥観察、昆虫採集が楽しめるこの美しい自然。

壊すのは簡単でも、人間に力で、そう簡単に再生でれるものはない。

雑木林の大木にかけられたロープやハンモックは、定期的に子どもの冒険遊び場ともなり、福島の子どもたちの一時保養の場ともなった。

親も子どもたちも、夜の闇も空間も、素敵な仲間たちのたまり場。自然も人間もすべてが大切にされるプレーパークでは誰もが遊べる。

若い世代が確実にこの自然に育てられている。私が少しは全うな大人になれたのは、この自然が、大人社会に感じた矛盾や、世の不条理を癒してくれたから。

心のよりどころが、失われてゆく。民主主義が形骸化している今の日本に、いのちを育む公共性、将来に向けての対話、持続可能な未来は存在するのか。身近な里山の自然が失われていくのが、残念でならない。

小平市の住民投票~本日の天声人語

玉川上水思わずシェアしたくなりました。

しっとりとした玉川上水路の、そして、木々の大木がさざめく雑木林の、泰然とした姿が目に浮かびます。

何度も散策したし、幻燈会、プレイバークなどで、お世話になった場所です。

 

本日の朝日新聞掲載記事 デジタル版よりのコピー

民主主義の実験がまた一つ積み重ねられる。東京都の小平市で26日に住民投票がある。対象は都道の建設計画だが、建設の賛否を問うのではない。市民は「住民参加で計画を見直す」か「見直す必要はない」か、どちらかを選ぶ▼興味深い選択肢だ。建設反対といえば単純だが、計画の見直しというと意味が広い。道を造れという人でも、こんな幅はいらないとか、意見は分かれうる。市民の考えは多様である。それをなるべくすくい取ろうというのが、この設問の狙いだ▼この二択ではわかりにくい、といった懸念もあったようだ。しかし、見直し派が多ければ、どう見直すのか、市民が集まって議論することになる。投票結果が出ておしまいではない。市民が行政の決定過程に入り込んでいく。斬新な設計である▼一自治体での出来事とはいえ、意味合いは大きい。小平在住の哲学者で、今回の投票実現にかかわった國分(こくぶん)功一郎さんは本紙に語っている。「ここに、日本の政治の縮図がある」。有権者は国、地方の議員や首長を選ぶだけで、省庁や役所には何も言えない。そんな仕組みではいけない、と▼市民が関心を寄せても、議会政治や政党政治が取り上げず、選挙でも争われない問題は少なくない。それはおかしいと皆が声を上げる。小平の動きは3・11以後、原発政策をめぐって高まった直接民主主義のうねりと同じ流れの中にある▼代議制を補うべき新しい民主主義の試みはまだ道半ばだ。小平の結果を楽しみに待ちたい。

なぜ、代替療法に興味があるの?

きのうは、久々に高校時代の友人と戸塚で夕食をともにしました。母校の国語科の教員をしている彼女の教え子の紹介してくれたカフェで待合せ、うわさ通り食事もすこぶるおいしくて、話は尽きません。

そして改めて、自分がなぜ代替療法家を志そうと思ったかに話が及んだのですが、病気を未病のうちに治したいという強い思いがありました。

精神的にも肉体的にも病理が深くなると、病は簡単には治せなくなります。

たとえば、かるい鬱は初期の風邪と同じようなもので、一晩ゆっくり休めば直ります。

が、地域福祉に興味のあった私は、以前、たすけあいワーカーズという組織で、福祉にかかわる仕事をしていたことがあり、何人もの統合失調症の方と出会いました。

病気があっても障碍があっても、その人が満足のいく人生が送れればよいのですが、ご本人やご家族がそう感じていないことが多く、初期症状または未病のうちに治せればと、やるせなさを感じました。

印象的だったのは予防接種によるものと思われる知的・身体の重複障碍の利用者と家族が人生を国家賠償に殆ど費やすという悲しい現実を目の当たりにしたことです。

予防接種については、特定の疾患を予防する可能性はあるものの、生体全体の免疫キャパシティを低下させてしまうので、一概に受ければよいものとは思っていません。製薬会社の思惑など、経済要因も絡むことがあり、接種によるリスクと効果を比べ、よく考えてご自分のお子さんについての判断をするべきでしょう。

病は気からと言われますが、まず、自分の体、ライフスタイルをよく知ること、しっかり考えられるようになって、自分の直感に頼れるようになることが、病をよせつけない為の、第一歩かもしれません。

代替療法家の3割に自己犠牲の思考が入っているそうで、まず、「汝、自身を癒せ」だねと、からだのことに、がんばって取り組んでいる彼女をみて、自分を振り返り、私も実感した次第でした。

長くなってしまうので、この辺で。

カナール

最近、彼女もマクロビオティックな生活になっているらしく、私も甘いものには抵抗があるものの、それでも食べてみようと思わせる、おいしそうな洋菓子たち ⇒ ♡♡♡ 次回ね!

妊娠中のヘルスケアには、ティッシュソルトがお勧めです。

 

妊娠中のケアにティッシュソルトをオーダーいただいたクライアントさんから、以下のような感想をいただきました。

 

**************************************

こんにちは。昨日、レメディーが届きました!

早速送ってくださり本当にありがとうございます。

今はツワリのティッシュソルトを中心に摂っています。

届いてすぐに摂取して、びっくりするくらい、昨日は吐き気が少なく久しぶりにお昼が美味しくいただけました(*^^*)

こんなにも早く効果があるんですか?

びっくりしています。

今日も以前と比べるとわりと調子がいいです。

**************************************

Chrysanthemum

ティッシュソルト、効くときは効くんですね~

私自身、引越疲れなどから肺炎になってしまい、たくさんの補完療法による手当を行いましたが、結局、ティッシュソルトによるミネラルサポートが、1番回復を助けてくれた気がします。

市民参加のまちづくり

私が少し前まで市民だった小平市で、今月26日に住民投票が実施されます。それに先立ち、11日(土)に開催されたシンポジウム、「小平で住民投票!<どんぐりと民主主義>入門編」。録画のフルバージョンがUstreamから、再配信されています。
live at http://www.ustream.tv/recorded/32778299

主催しているガーディアンズ・ダイアログの名前の由来でもありますが、私は、私たちこそが、7世代後の子孫のことを考えて、ガーディアンズ=守り人となり、未来を創ってゆきたいと思っているので、小平の都市計画道路について、住民の意見を反映させるための住民投票を選択することに賛成でした。

市民であっても、住民投票に関心のない人がほとんどだと思います。それでも、1対1で話をすると、上の権力機構が決めたものに関しては従わなくてはならない、といった感覚に疑問を持ちはじめる人もいて、自然保護、民主主義・人権問題、地球環境の問題にもつながるテーマについて、地道な対話を重ねてゆきたいと思います。

万能ではない住民投票ではありますが、直接請求の事例を先駆的に日本の民主主義に投げかけようとしている小平イズムを日本全土に広げてゆきたいという動きが広まっているような気がします。

代替療法家の意見として、人間の意志と心と身体は、密接につながりあっています。

『空想は意志の力より強い。重苦しい意志を持つより、素晴らしい空想をしてみることから人の夢は実現に向かい始める』とは、野口整体の創始者~野口晴哉(はるちか)氏の言葉ですが、夢を実現するための第一歩でもあり、あるべき将来を思い抱きつつ、少なくとも、子どもや孫の世代のために、意見を言うことは認められなくてはならないと思います。

原発都民投票のときも受任者となりましたが、私は、当時者とか、たとえ少数派であったとしても、行政が住民の意見を訊かずに、物事を進めるという体制に問題があると思います。

古い形の資本主義に必要な修正がされ、地道な対話を通じて、未来をあきらめないガーディアンズが増えること。何かのきっかけで、大どんでんがえし(101匹目の猿現象とか集合意識の変容)が起きて、日本にも、確かに民主主義が存在するのだと実感できる社会がくることを切に願っています。