お客様の声(ホメオパシー)


■「ホメオパシー入門&セルフケア講座」に参加された方の感想

 

あまり、普段から薬に頼りたくないと思っていたので、ホメオパシーの原理から、18種類のレメディの特徴をくわしく教えてもらい、わかりやすかったです。今後の生活で活用していきたいと思います。(30代、MS様)

 
体験興味深い内容で、有意義でした!(50代 CK様)

 
始めての講習参加で、ホメオパシーの全体像と18種のレメディを学ぶことができました。自分も含め、知人・友人にもさまざまな病気や悩みを抱えている人も多く、ホメオパシーをもっと気軽に活用できる環境になったら良いなと感じました。(50代 NH様)

 

■「自然療法茶話会」に参加された方の感想

 

今日はホメオパシーについて学びました。 とても奥が深いので全て理解するのは難しかったですが基礎的な部分は把握しました。 ホメオパシーの自然療法などはまだまだ一般的には認知されていませんが素晴らしい可能性を秘めています。・・・略・・・ホメオパシーセミナーは定期的に開催しているので自宅でも出来る代替療法を学びたい方は丸谷先生を訪ねてみてください。 親切に教えてくれますよ。
(HK様、Facebookでのシェア、ありがとうございました。)

 
これまで、ほぼ自己流の、かじっていた知識をもう一度確認・整理したくて、参加しました。今、新たに知ることが楽しみになりました。昨日ははぜいたくな時間をありがとうございました。細やかな気配り、なかなかないです。とてもありがたく思います。今後ともよろしくお願いいたします。(A.T.さん)
 

ホメオパシーについて、より一層、深い理解ができました。症状にあわせたレメディの紹介もしてもらえたら嬉しいです。(N.T.さん)
 
大変遅くなってしまい、申し訳ありません。先日のカフェスローでの自然療法入門講座に参加したYです。 講座終了後のアンケートにお答えしていませんでしたので、メールいたします。
自然療法について歴史から丁寧に伺えたのが良かったです。
少人数でじっくり受けられるとても豪華な講座で、出席できて感謝でした。
子どもが、これからけがも増えてくる年代になってくるので、役に立つレメディの事を伺えたのは大変嬉しい事でした。講座の中で紹介のあった本を少しずつのぞいています。原料がわかるのでとてもおもしろいです。(KY様)

 

ご紹介;

ホメオパシー初心者にお勧めの本は、clip_image002

「 ヴイソルカス教授のクラシカルホメオパシー―新しい時代の医学 ジョージ ヴィソルカス、ACHジャパン出版局、 秋山 賢太郎 」

 

エインズワース社、ヒリオス社などの、セルフケアキットに同梱されている小冊子にもためになる内容が満載なので、この小冊子を使った、英語で紐解くセルフケア講座をご案内することもできます。

 

また、以下を、セルフケアのためのガイド本としてお勧めします。

「 ホメオパシー入門 [単行本] イラーナ ダンハイサー/ペニー エドワーズ (著)、 諫早 道子 (翻訳) 」

ペニーはISHLの講師も務めています。キットの内容がコンパクトにまとめられていてわかりやすいと思います。

 

「 ホメオパシーバイブル (GAIA BOOKS) アンビカ ウォーターズ、Ambika Wauters、豊田 成子、 田口 郷子 (2007/8) 」

メジャーなレメディが網羅されていて、マテリアメディカ(薬学書)として役に立ちます。

 

「 化学薬品を使わない・安全で身体に優しい ホメオパシー治療薬 (GAIA BOOKS) ロビン ヘイフィールド、Robin Hayfield、 金子 寛子 (1997/6) 」

子どもの体質別、症状別記載が詳しいので、使いやすいでしょう。

 

 

ホメオパシーについては、説明を聞けば聞くほど、ますますわからなくなる部分があるかもしれません。
物質の持つ最大の効力を引き出すポテンタイゼーション(効力の活性化)が、創始者ハーネマンの実践により、希釈と振盪により生成されることはご理解いただけたでしょうか? こうして精製されたレメディは、確率や統計から10cというポテンシーを超えると、原料となった物質の分子がまったく存在しないことになります。しかし、ホメオパシーのレメディが効果を発揮しつづけている事実はいままでの無数の症例が証明しています。

つまり、そこには、物質を超えた何かが存在し、純粋なエネルギー領域に踏み込んだ現象が起きているに違いないのです。その根拠は、水という媒体がエネルギー情報を記憶する媒体であるとか、3次元を超越した場での「超ひも理論」、そして、素粒子のすべてが一体化したフリーエネルギーの世界を想定することだったりします。ハーネマンは、この物質を超えた 体内の “正体不明の何か” を “生命力=バイタルフォース” と呼びました。生体電磁場の研究から、知能をもつバイタルフォースの存在が、すでに確認されています。

ホメオパシーは人間の体を 繊細かつ完璧な自然の仕組みととらえ、時として病気になったり、何らかの支障をきたすことがあったとしても、自然に内在するエネルギーの力で体自身がもつ自然治癒力のスイッチをオンにして、回復することが可能だと考える療法です。エネルギー領域に踏み込んだ現象の探求は、量子物理学の研究の最先端の担う分野でもあり、参考文献などで、ご自身で納得できるところまで調査されることもお勧めです。また、ハーネマンとその弟子たちがたどった、プルービングを安全に体験してみるとか、実際にセルフケアでの学びを実践していただき、実感としてつかんでいただければと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ