お子さんのおねしょ対応


トイレットトレーニングは、親として一度は通過する儀式ですね。

紆余曲折あって、でも大抵は順調にいくものなのですが、

夜間のおねしょについは、また別問題のようです。

男女問わず、上は、小学校の高学年のお子さんに至るまで、

おねしょの悩みに頭を悩ます親御さんがいらしゃいます。

 

ホメオパシー相談で依頼を受けた場合、

まずは、そのお子さんの全般的な傾向、性格や癖を把握し

いわゆる体質のレメディというものを選定します。

特に大きくなってからのおねしょは、精神的・感情的なストレスに起因することが多いからです。

 

それで、イライラしがちだった性格が、安定してきたり、

メソメソばかりしていた子が朗らかになったり、

落ち着きのなかった子に集中力がついてきたりと

まず、精神症状の改善を確認し

 

今度は、身体に照準を合わせ、クレオソトム、カウスティクム、エキセトムといった、レメディを出します。それで、大抵のおねしょ癖は消えていきます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ