アレルギーについて


アレルギーを起こす、おおもとの免疫のしくみは大変、複雑です。

代表的なものは、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などです。

私自身、このうち2つの疾患に悩まされたことがあり、また、クライアントさんが訴えられる、身近な病気の一つです。

 

最近、大人のアトピー性皮膚炎、お子さんの喘息など、苦しまれる方が多いのが気になります。

現代病ですし、時期的なものもありますね。

先週、大学同好会のテニス仲間とウイルス性大腸炎にかかった娘が、一過性ながら、結構、急性の苦しみを味わっていましたが、いすれの症状も、腸内環境を整えることが必須というのは、実感として感じます。(娘に関しては、すでに完全復帰)

 

私自身、かなり深刻な、花粉症、アレルギー性喘息が、現在完治していることから、代替療法もあながち、捨てたもんではないと思うのですよね。

一番気をつけたいのは、バランスのとれた食事と睡眠、ミネラル吸収を高めること。

 

もともとアレルギーは異物を体から排泄しようする治癒反応

特定の食べ物が異物とみなされると、免疫担当の白血球がその食べ物を排除しようと攻撃を始めるのです。

同様に、スギ花粉や皮膚についたダニの糞などが、異物として認識されると花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などにかかります。

ウイルスや病原菌の情報が伝えられると、ヘルパーT細胞の指示によりB細胞が抗体を製造し、マクロファージなどの捕食を助ける二次攻撃が開始されます。また、キラーT細胞は感染した細胞を殺傷していきます。

この作用が獲得免疫と呼ばれるもの。

アレルギーは、こうしたリンパ球の活動が活発な乳幼児に発症することが多いのですが、

年齢を追うごとに自然にリンパ球は減って、正常な値に治まるようになると自然にアレルギーが治っていくこともあります。

2016年が、アレルギーの原因となる、IgE抗体が発見(ノーベル賞候補、石坂公成博士による)されて、50年目という大きな節目に当たるそうです。

皮膚は排泄器官の一つ。

皮膚から異物を排泄しようとして起こるアレルギー反応を抗アレルギー剤やステロイドで抑圧すると、封じ込められた異物は溜まり続け、体は次なる異物の排泄場所を探します。

それが呼吸器だと気管支喘息となります。

同じように、喘息発作を薬物で抑え込んで発作が起こらなくなったと安心していると、アトピー性皮膚炎になることがあります。

研究者の間でも、最近の研究で明らかになってきたのは、「アレルギーが皮膚から起こる」 という皮膚感作のメカニズムについてです。

アトピーはもちろん、気管支喘息も花粉症も、乳幼児期にまず、皮膚から、アレルゲンが侵入し、免疫の過剰反応が起こっていた可能性が高いのです。

 

アレルギーへの効果的な対処法

それでは、このアレルギーを抑制する、Tレグ細胞の働きを高めるには、どうしたらよいのでしょうか。

「衛生仮説」(一人っ子よりも多子、衛生環境の整った都会より、幼児期に農家で育ち、家畜に囲まれて育った人のほうがアレルギーの発症頻度が低い)が現在、広く認められる学説になっています。

その裏付けとなった、自然免疫系のリンパ球(NK細胞やNH細胞)を増やすにはどうしたらよいのか。

 

最近の医療では、「舌下免疫療法」を取り入れる医療機関が増えてきたと聞きます。

私の時代は、皮下注射を行る「皮下免疫療法」で、何年もその道の権威と言われる病院に通院しましたが、2年以上通院して、私には期待できる効果は得られませんでした。

自分自身の経験から、正しい自然療法で、アレルギーや喘息は、必ず改善すると思います。

にんげんが生来もっている、自然治癒力は偉大です。

もちろん、人によって、療法によって、あうあわないはあると思いますし、何を選択するかはその人の自由です。

排毒は、永遠に続くものではありませんし、一部、悪化を好転反応などといって治癒をもたらさないような療法は、私も、何であれ、まやかしだと思います。

夏まっさかり、この時期のアトピー性皮膚炎や喘息の症状は、ご自分もご家族も、本当にお辛いと思います。

でも、完治しない病ではないので、よりよい生活習慣、何かうまくいっていないところ、生き方を修正させてくれるメッセージを読みかえて、一緒に頑張りましょうねぴかぴか (新しい)

LET’S TRY!
受講した翌日から、あなたの人生が変わる!
子育てがラクになる!
代替療法の考え方を、あなたの日常にとりいれてみませんか?

代替療法については、諸説ありますが、まずは、自分自身の目で見て確かめて、判断してみてはいかがしょうか?
ギリシャと英国の2つのホメオパス養成校で学んだ知識と実学、及び自分自身の20年に及ぶ子育て経験で培った、代替療法の智恵をお伝えします。
「代替療法入門&セルフケアセミナー」@スワミサロン

日時)

A 日程: 2016年8月1日(月)10:30~14:30
B 日程: 2016年8月4日(木)10:30~14:30

参加費:4千円(各回定員4名)

持ち物:筆記用具
★ 簡単な、ローフードランチをご用意してお待ちしています。
両日とも同じ内容になりますので、ご都合のよい日程でご参加ください。

お申込み、お待ちしております。

 


投稿者:

Ikuko

≪東京 府中市のホリスティックヒーラー ・代替療法家 ≫   ♦シータヒーリング(R) ♦英国ARH認定ホメオパス  ♦西洋式レイキ ♦ネイチャー(フラワー)エッセンスプラクティショナー  ♦DIP ジェモセラピー(植物の幹細胞療法) ~☆☆☆~ あなたに合ったオーダーメイドの方法で、楽しみながら、自分らしさへと回帰し、より楽に生き生きと、望み通りの人生をと夢を実現し、幸せを拡大するお手伝いをします! お気軽にお訪ねくださいね。 あなたのこころとからだと本当の気持ちに寄り添い、 そのまんまに、どんどんHappyに、自由に、軽くなっていただきます。