日本におけるホメオパシーとその現状 ~ クラシカル・ホメオパシー


194px-The_Organon_of_Medicine1今、日本で、ホメオパシーは正しく広まりつつある過程にあるのだと思います。

世界中のホメオパスにとっての大原則であり、創始者ハーネマンが、バイブルともいえるオルガノンで特に強調したのは、「最小投与の原則、レメディは1度に2種類以上とってはならない」でした(オルガノン273~274段落)。

ホメオパシーの薬事書であるマテリア・メディカは、ハーネマンが身をもって示した厳格な人体実験に基づくプルービングにより成り立っています。レメディの薬効を確認する作業、それを土台にして彼が唱えたホメオパシー処方箋は、「症状の全体像」に「最類似のたったひとつのレメディを使用する」ことでした。

オルガノン§274の冒頭は、~真の療法家は、何も混ぜない単一のレメディを投与することだけが唯一望めることであるとわかっている。この人為的な乱れを生み出すレメディは、ホメオパシーの力をかりて、完全に自然の乱れを消し去り、生命の根源からその乱れを取り去り、持続的に回復させることできるものである。・・・

ところで、クラシカル・ホメオパシーって???

ホメオパシーは創始者サミュエル=ハーネマン(1755-1843)が確立した時から現在にいたるまで「ホメオパシー」であり、あえて「クラシカル」という名を冠する必要は本来ありません。ガーディアンズ・ダイアログでは、ハーネマンが創設したホメオパシーを忠実に伝えていきます。それは、クラシカル・ホメオパシーの方が、クライアントにとって安全だと思われるからです。ガーディアンズ・ダイアログの基本姿勢=患者の全人格を尊重することと、ハーネマンが『オルガノン』で著している内容・精神は、まさに一致しています。ゆるぎない患者本位の姿勢に貫かれています。また、世界の一流と言われる著名なホメオパス達が、例外なく、今もなおハーネマンの提唱したホメオパシー(クラシカル)に忠実であり続けているからです。

しかし、現状では「クラシカル」と「プラクティカル」というホメオパシーの「流派」が2つあるように言われています。この2つに相違点があるとするなら、レメディを「必要最小限、単一処方」を基本とするか、「多種、多量のレメディを同時に用いる」のをよしとするかだと思います。

物質が存在するレベルを超越したスーパーミクロのレベルのエネルギーの微細さと、ダイナミックさをこのパワーを体感したことのある人ならだれでも認識できるはずであり、私は大事にしたいと思います。

ホメオパシーセッションのお申込みはこちら

clip_image003


カテゴリー: ホメオパシー   作成者: Ikuko パーマリンク

Ikuko の紹介

≪東京 府中市のホリスティックヒーラー ・代替療法家 ≫   ♦シータヒーリング(R) ♦英国ARH認定ホメオパス  ♦西洋式レイキ ♦ネイチャー(フラワー)エッセンスプラクティショナー  ♦DIP ジェモセラピー(植物の幹細胞療法) ~☆☆☆~ あなたに合ったオーダーメイドの方法で、楽しみながら、自分らしさへと回帰し、より楽に生き生きと、望み通りの人生をと夢を実現し、幸せを拡大するお手伝いをします! お気軽にお訪ねくださいね。 あなたのこころとからだと本当の気持ちに寄り添い、 そのまんまに、どんどんHappyに、自由に、軽くなっていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です