ホメオパシーの概念は・・・難しいと思います


 

ホメオパシーは、普通は、なかなか理解しがたい概念です。

 

物質の持つ最大の効力を引き出すポテンタイゼーション(効力の活性化)とは?

創始者ハーネマンの偶然の発見、そして実践により

希釈と振盪により生成されることはご理解いただけたましたか?

 

こうして精製されたレメディは、確率や統計から10cというポテンシーを超えると、

原料となった物質の分子がまったく存在しないことになります。

 

しかし、物質として存在しなくとも、

ホメオパシーのレメディが効果を発揮しつづけている事実は

いままでの無数の症例が証明するところです。

 

つまり、そこには、物質を超えた何かが存在し、

純粋なエネルギー領域に踏み込んだ現象が起きているに違いないのです。

 

その根拠は、水という媒体がエネルギー情報を記憶する媒体であるとか、

3次元を超越した場での「超ひも理論」

素粒子のすべてが一体化したフリーエネルギーの世界を想定することだったりします。

 

ハーネマンは、この物質を超えた 体内の “正体不明の何か”

のことを

“生命力=バイタルフォース” と呼びました。

 

生体電磁場の研究から、

知能をもつバイタルフォースの存在は、すでに確認されています。

 

ホメオパシーは人間の体を 繊細かつ完璧な自然の仕組みととらえ、

時として病気になったり、何らかの支障をきたすことがあったとしても、

自然に内在するエネルギーの力で

体自身がもつ自然治癒力のスイッチをオンにして

回復することが可能だと考える療法です。

 

エネルギー領域に踏み込んだ現象の探求は、

量子物理学の研究の最先端の担う分野でもあり、

参考文献なども一読されることをお勧めします。

 

また、ハーネマンとその弟子たちがたどった、

プルービングを安全に体験してみるとか、

実際にセルフケアでの学びを実践していただき、

実感としてつかんでいただければと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ