正義の大天使カマエル


先週封切された映画「ノア約束の船」を見てきました。

http://www.noah-movie.jp/

ちなみにうちの車は、Noah です。わーい (嬉しい顔)

ラッセル・クロウが主演で、エマ・ワトソンが双子を出産する役。

 

旧約聖書のノアの洪水という伝説を扱っているスケールの大きさ、

宗教家たちの批判や論争、

アイルランドの音楽と風景が使われていること、ケルティックな雰囲気

いろんな切り口がありますが、単純にハリウッド娯楽映画としての見応えはありました!

 

私の中で、特に印象深かったのは、2点 ☆

 

まず、人間を救おうとして、堕天使になった存在がノアを助けた後、光へと帰っていくところです。

映画の中で、大天使カマエルの名前は出なかったと思うのですが、正義というものについての課題がきているときだったので、引き寄せられたのかもしれません。

 

以下、ウィキペディアからの抜粋です;

カマエル(Chamael,Camael,Kamael)は、「神を見る者」という意味の名をもつ大天使で、十四万四千もの能天使の指揮官とも、一万二千もの「破壊の天使」を率いているともされる。火曜日の守護天使であるともいわれる。
神の力を象徴しており、神の立てた正義を前提にして、神に敵対する者達を容赦なく攻撃するといわれている。
その攻撃的な性格から、オカルト教義では堕天使や岩にうずくまるの姿をした地獄の悪魔として扱われることがあったとされ、そのことから「赤い豹」という通り名で呼ばれたともいわれる。
火星に関連づけられ、蠍座(天蠍宮)の天使でもある。ドルイドの神話では戦の神となっている。(ドルイドは滅多に天使について語らないが、カマエルは戦いの天使だと明言している。)

次回のシータ実践会@小平(7月16日)では、守護天使について取り上げます。その時にアークエンジェル カマエルの話をするつもりでした。

カマエルからのメッセージが、そこでのテーマになると思います;

私は、正義という光をどのように扱えば良いのか全ての存在が光へと戻る為の正義とは何なのかを考えます。正義とは、決して一つだけではありません。神の正義、闇の正義、宇宙の正義、地球の正義・・。それらは全て、それぞれの秩序のために存在し、全て異なるのです。 

それをどのようにすれば、調和させることができるのでしょう。

 

ぴかぴか (新しい)

さて、映画の話に戻ります。

ノアの話は、動物保護の視点からもとらえることができます。

長くなるので、改めますが、

次回は映画にでてきた植物、ラズベリーの話をします。

 

 

 


投稿者:

Ikuko

≪東京 府中市のホリスティックヒーラー ・代替療法家 ≫   ♦シータヒーリング(R) ♦英国ARH認定ホメオパス  ♦西洋式レイキ ♦ネイチャー(フラワー)エッセンスプラクティショナー  ♦DIP ジェモセラピー(植物の幹細胞療法) ~☆☆☆~ あなたに合ったオーダーメイドの方法で、楽しみながら、自分らしさへと回帰し、より楽に生き生きと、望み通りの人生をと夢を実現し、幸せを拡大するお手伝いをします! お気軽にお訪ねくださいね。 あなたのこころとからだと本当の気持ちに寄り添い、 そのまんまに、どんどんHappyに、自由に、軽くなっていただきます。