西洋医学とホメオパシーとの違い


西洋医学は、病を悪いことととらえ

その撲滅に焦点を置き

死体解剖を中心とした医学

VS

ホメオパシーは、生命を司るバイタルフォース(エネルギー)

と、症状が表現しようとするところ=病気の源

に関心があります。

 

輪廻転生を仮定すると、私たちの魂は、その経験をするのにふさわしい肉体を選んで、この世に生まれきます。

そうした意味で、病もまた、魂が自ら選んだ経験であり、魂の表現なのです。

 

体が表現する不調和を、

ホメオパシーでは、似たものが似たものを癒すという同種の原則によって

完全に体験させるのだと思います。

 

それは、魂に真実の萌芽をもたらし

本人には自己認識、すなわち深い気づきとして体験され

バイタルフォースが強化されて、深い癒しがもたらされる

のだと私は捉えています。

 

科学としてのホメオパシーは、量子力学的なフォースへの刺激として解釈されます。

スターウォーズの世界ではないですよ!(笑)

 

もっと話はシンプル、プロセスは単純です。

自分でレメディを作ることだってできます。

 

自然界から、ある病気という症状に

非常によく似たエネルギーをもつ物質を探します。

それを現物質が分子として存在しえないレベルまで、希釈、振とうを繰り返したものを

ホメオパシック・レメディとして用います。

 

レメディが効くことは、

実証科学としての経験主義と、

量子力学の概念によって説明されます。

 

ホメオパシーは自然界のエネルギーを利用し、

求める人の魂を大きく揺さぶり、

魂に気づきを与えることができる代替療法です。

 

例えば、硫黄という物質があります。硫黄は地中深くから、徐々に地表にあがり、ガスとなって空中に舞い上がる。そこで硫黄から作ったレメディは、外部と内部がであう境界線、つまり皮膚や人間関係に問題を持つ人に適合します。

また、隼という鳥がいます。ヒナの頃から、鷹匠に飼いならされ、人工授精のために精子を奪われるオスの隼の血と翼から作ったレメディは、女性に性的に隷属している男性に処方されるなど。

 

ホメオパシーによる治癒とは・・・

症状に最もよく似たレメディにより

精神・身体・感情をカバーする全症状を最も速やかに

やさしく、永続的に消滅させることができるものです

 

単なる身体症状にとどまりません。

まず、精神面を癒すのが、ホメオパシーのもつ優れた効能の一つです。

 

「人間が、より崇高な目的のために生きることを可能にする」

「魂を目覚めさせる」

私は、そんな効能がホメオパシーには存在するような気がしています。

 

経験を味わいきれずに狭い場所にとらわれている魂を解き放ち

この世に個々の光をサンサンと輝かせることのできる補完療法

 

ホメオパシーセッションのお申込みはこちらから ★


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ