私とホメオパシーとの出会いと学び その2


私が初めてホメオパシーを知ったのは、20年以上前のこと。

まだ、ほんの一握りの人しかホメオパシーを知らず、

RAHで学び始めたばかりという方から、自然育児友の会の講座で入門の手ほどきを受け、

キットを入手したのです。

それから数年経って、その時習った知識が、子育てする中で大いに役立ち、

命拾いするような体験も経て、もっとホメオパシーを理解したいという好奇心が

学びのスタートでした。

学校選びをしていたところ、高校時代友人から、こんな講座が始まるよ・・との紹介を得て、

入学したのが、Vithoulkus(ヴィソルカス教授)のIACH(インターナショナル・アカデミー オブ クラシカルホメオパシー)です。

Vithoulkum教授は、ギリシャ人ですが、28歳のときに南アフリカでホメオパシーの勉強を開始、そしてインドでディプロマを得て故郷に戻り、医師グループに対して、ホメオパシーを伝授し始めます。

そして、ホメオパシーを科学的に説明し、医療の専門分野として伝導したその成功と業績により、1996年、スウェーデン議会から、

第2のノーベル賞といわれるRIGHT LIVELIHOOD AWARD(ライト・リブリーフッド賞)を授かります。

私は、無事に、世界の最高レベル:ホメオパシーの登竜門とされるIACHを終了し、ディプロマを得ました。

さらに、その理論を実践で使えるホメオパシーにと、次のスクール、ISHL(インターナショナルスクールオブホメオパシーin London)に進みます。

当時、イギリス人校長 Nick Churcillは、赤ちゃんを抱いた写真で学校説明に載っていました。

ISHLについてのはなしの続きは、また、別の機会に。

 

インドではよく、患者が分厚い診断書を持ってホメオパシー医師のもとへやって来ます。

頭のてっぺんから足の先まで検査した上で、手が尽くせな いと分かって診断書を持ってホメオパスのところにやってきます。

現代医学ではうまくいかなかったのが、ホメオパシーで治ったケースがたくさんあります。

現在私は、インドのホメオパシー国立大学を主席で卒業したホメオパスの

ポストグラデュエイトの講座を受講しているところです。

実践は、実に興味深い♪

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ