バッチから世界へ ~ ブッシュ・フラワーエッセンス

 

70年前の英国でも、バッチ博士の提唱する花のエッセッンスの治癒力は医学界では受け入れがたいものでしたが、バッチ博士は自分の医師としての名声も捨て去りその普及に努めました。
バッチ博士の理論と実践は、現在でいうホリスティック医学であり、予防医学の分野に入ります。

そして、バッチ博士の晩年の予言通り、現在、フラワーエッセンスは世界各地でつくられるようになりました。
フラワーエッセンスは、水を媒体に太陽の光で植物のエネルギーを転写して母液を作り、それに保存料のブランデーを加え、更に水薄めて使います。成分は検出されません。

現在では花を痛めないように摘み取らず、その側に水をたたえた水晶のボールを置き、瞑想状態に入って花のエネルギーだけを集めてエッセンスを作る方法もあります。

aus_78今日は、全世界に広がったフラワーエッセンスの中でも、南半球で、強い陽射しと豊かな自然にはぐくまれた、パワフルなオーストラリアン ブッシュ・フラワー エッセンスを紹介します。

地理的にオーストラリアは最古の大陸と言われており、オーストラリアの植物は4500万年もの間、他から隔離された環境で進化してきました。
他の大陸に比べ、原子力や化学物質による汚染の影響をあまり受けていないブッシュ・フラワーエッセンスは、強い効力と普遍的な作用をもっているといわれています。

ian_white[1]5世代にわたるハーブ専門の自然療法プラクティショナーの家系に生まれたイアン・ホワイト氏は、古来からの智恵を生かし、オーストラリアの地が持つ古代からのエネルギーと力強さに裏打ちされたヒーリングの能力をブッシュに育つ植物が秘めていることを示しました。

ブッシュ・フラワーエッセンスは、人が自己を癒していく際の強力な触媒となります。エッセンスによって、人が内面を見つめ、自分自身の人生の計画・目的・方向性などを理解することを助けます。

人類が歴史的な分岐点に近づきつつある現在、私たちがうちに持つ肯定的な特質を引き出し、困難を乗り越える力と、必要な人生計画を遂行する際の勇気と自信を与えてくれます。

私たちの人生の質を大幅に向上させるチャンスが到来している今、ブッシュ・エッセンスは、個人が、社会及び地球全体の役に立てるように、私たちが必要な進歩を遂げる際の重要なカギのひとつかもしれません。

フラワーエッセンス コンサルテーションお申し込みは、こちらから