インドのホメオパシー事情


インドは、知る人ぞ知る、ホメオパシー大国です。

 

1937年にベンガル議会が、ホメオパシーを正式に認め

マハトマ・ガンジー、そして、マザー・テレサが、積極的に推奨しました。

インドにはAYUSH省という政府機関があります。

AYUSH 省 とは、Ministry of

Ayurveda, Yoga and Naturopathy, Unani, Siddha and Homoeopathy

 (アーユルベーダ、ヨガ、ナチュロパシー、ウナニ、シダー、そしてホメオパシーの 補完医療)

 の 頭文字

 

そこが発行している、

「発達障害に悩む、母と子に向けての向けてのホメオパシー」 という紹介パンフレットがあります。

 

政府機関が、このようなパンフを作成しているところが、さすがのお国柄!!と感動

 

同時に、発達障害の顕在化は、今や世界共通の現象なのだと、

認識を新たにした次第です。

レメディの示唆まであるので、ご興味のある方は、目を通してみてください。

ホメオパシーをご利用の際は、

お近くの信頼できるホメオパスに、ご相談の上、お願いいたします。

 

もう20年近くかかわってきているホメオパシーですが、

わたしも、来月から

インドの著名なホメオパス、Dr. Saptarshi Banerjea の Post Graduate Course を受講する予定です。

 

末筆になりましたが、人生に悩んだとき・・・

の処方箋

マハトマ・ガンジー そして、

マザー・テレサ の名言・格言集には、人生で迷子になったときに、本当に癒されます。

 

☆ スワミでも、楽ちん子育てを目指すセッション、随時行っています。よろしければ、ご利用ください。

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ