『ヌーソロジー』についてーその1


聞いたことあるけど、ヌーソロジーっていったいなんぞや・・?

友人の誘いで、軽い気持ちでカフェでの講座に参加してきました。

以下、自分なりの入門編のまとめです。

【1行説明】

ヌーソロジーとは、「半田広宣」が提唱した、独自の宇宙論と呼べるもの。

その源は、『冥王星のオコツト(OCOT)』と名乗る、チャネリングソースの情報

1989 年、コウセンさんは物理学の専門分野の研究に勤しんでいたところ、突然それは下りてきました。

チャネリングの形式としては、下りてきた「何か」との対話を綴ったもの

初め、コウセンさんは、自身に起こったことに半信半疑でしたが、それは真実を語るとてつもない情報だということが分かり、その内容を『シリウスファイル』と呼ぶことにしました。

オコツトとの対 話は約 1995年で終わり、その後は解読作業に。

その膨大で難解な「オコツト情報」の理論体系と思想体系が「ヌーソロジー」です。

 

【基本概要】

まずは、全体的な世界観の話になります。

ヌーソロジーにおける全体的な世界像を構成するのは、『オリオン』『シリウス』『プレアデス』『スマル』

『シリウス』では『定質』と『性質』が、『プレアデス』 においては、そこから反対の力へと転倒した、『反性質』『反定質』という力が流れているとされます。

観察子は二つ一組で構成され、数字が奇数の観察子は「等化側」などと呼ばれ、数字が偶数の観察子は「中和側」などと呼ばれます。

『次元観察子』の場合、ギリシャ文字「ψ(プサイ)」に数字をつけて表記されます。この数字が、『ペンターブ・システム』 における、『負荷』・『反映』・『等化』・『中和』と発展していきます。

奇数系は、「等化側」「負荷側」「ノウス側」「自己の方向側」と呼ぶことができ、偶数系は、「中和側」「反映側」「ノス側」「他者の方向側」と呼ぶことができます。

この区別が、ヌーソロジーにおいて、重要なところで、奇数系観察子と偶数系観察子を、 実践的に学ぶことで、その本質がだんだんと理解できるようになってきています。

現在の人間の意識に相当するのが「ψ1~ψ2」で、現代物理学が「空間」「時間」 と呼んでいるものです。

人間の自我は、ここから自分自身を根拠づけていた無意識領域(『反性質』)を自意識化し、『定質』を作るために上昇していくのです。

「ψ3~ψ4」の意識で捉えられるように拡張していったあとは、「ψ3~ψ4」 と当分向き合うことになります。

「ψ3~ψ4」や「ψ5~ψ6」を 『顕在化』とは、それぞれの観察子の構造を ハッキリ捉え、それを知覚し認識し、それが自分の中にもある精神の構造を作り上 げていると理解することです。

「元々、無意識にあったものを顕在状態にする」という意味で『顕在化』といっています。

『次元観察子』は、「ψ1~ψ8」で『元止揚』、ここで区切られます。

全部で13あるのですが、まずはここで一息つけるようにするという姿勢なのでしょう。

「ψ9~ψ10」は『調整質』、「ψ11~ψ12」は『中性質』、「ψ13~」は『変換質』と呼ばれます。

『観察子』というものは、太陽系にある「惑星」とも対応しています。

  • 月のサイン(ψ2:時間・マクロ、Ω2): 自分のパーソナリティ、受動性、表面的な心、子供の段階、女性的な面
  • 水星のサイン(ψ3:主体, Ω3): 知性、言語、伝達、スピード、神経
  • 金星のサイン(ψ4:客体, Ω4): 愛情、恋愛、情動、快楽、コミュニティ
  • 太陽のサイン(ψ5:自己, Ω5): 自分の本性、自主性、本領発揮、成熟した段階、中心
  • 火星のサイン(ψ6:他者・自我, Ω6): 闘志、戦い、闘争本能、武器、戦士の赤
  • 木星のサイン(ψ7:意識進化, Ω7): 成功、問題解決、和、学識と霊性の両方、賢者の青
  • 土星のサイン(ψ8:時空, Ω8): 試練、忍耐、現実的、機械、父なる黒
  • 天王星のサイン(ψ9:人間の思形, Ω9): 革命、前衛的、テクノロジー的なもの、学問
  • 海王星のサイン(ψ10:人間の感性, Ω10): 霊感、霊・夢・術・感性を使うもの全般、曖昧なもの、宗教
  • 冥王星のサイン(ψ11:人間の定質, Ω11): 根源的な自己、究極、死と再生
  • 惑星 X のサイン(ψ12:人間の性質, Ω12): ???資本主義の混沌?人間らしさ?

 

ヌーソロジーの肝は、オコツトが説明していた『カタチ』の認識だと、半田広宣さんはおっしゃいます。

ここでいう『カタチ』というのは、『次元観察子』で 説明されているような精神構造のことで、純粋なシステムです。

『冥王星のオコツト』も、送信 の目的は『変換人型ゲシュタルト』をプログラムすることにありますと言及していました。

「ゲシュタルト」とは「思考様式」のことであり、『人間型ゲシュタルト』は、「人間の持つ思考様式」のことで、これは世の中を3次元空間で出来た物質世界とみなす意識・・・

「ゲシュタルト」のプログラムとは、「カタチ」の認識 であり、つまり、我々がこれまで3次元空間を体験して来たが如くに『変換人』の空間 を体験すること。

そして『変換人型ゲシュタルト』とは、「3次元空間の枠組みを外れた思考様式」となります。

これが、オコツトが言うには、物質の本来の姿と、その本質を見出す力を持っているとのことです。

オコツトは、先の太陽系活動においては、現代はその『最終構成』という段階に入っていて、この『最終構成』では、『オリオン』の持つ意識進化の方向性に人間が向かっていく必要があるが、現在、『スマル』の誘引によって、それが妨げられていると言います。

また、『プレアデス的統制』への囚われも、これによって起こっていて、このままだと、人間の意識は『最終構成』によって、虚無へと変換されてしまう・・・らしい・・・

 

オコツトは決して科学が悪いと言っているわけではありません。
「科学を主体としてはいけない」といっているのです。

また、科学は『スマル』をもたらすものであるとも言っていました。
ここで『スマル』とは、オコツトが「虚無」のある場所と呼んでいるものです。

しかし、そもそもこの『スマル』、「人間の意識進化の反映として出現してくるもの」で「新しい精神を作り出すためには必要な影の部分」ということも言っています。

「我々が意識進化をするのにも、科学がここまで発達する必要がある」のですが、

コンピューターの作る空間である、デジタル空間は『スマル』だと明言しています。

半田広宣こと『冥王星のオコツト(OCOT)』による、予言まで含まれる真理の体系理論ヌーソロジー。

大いなるものに導かれて、人類の未来に希望が持てるようになる鍵を握っているもの

 

 

これが、通常98%以上を占めるといわれる潜在意識部分から、自分にとって、認識の1%でも開かれる助けになってくれることを期待しつつ・・・

また折を見て、ヌーソロジーについては、自分の体験をアップデートできればと思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ