バッチから世界へ ~ 


 

70年前の英国でも、バッチ博士の提唱する花のエッセッンスの治癒力は医学界では受け入れがたいものでした。

それでもバッチ博士は自分の医師としての名声も捨て去りその普及に努めました。

バッチ博士の理論と実践は、現在でいうホリスティック医学であり、予防医学の分野に入ります。

 

バッチ博士の晩年の予言通り、

現在、フラワーエッセンスは世界各地でつくられるようになりました。

 

フラワーエッセンスは、水を媒体に太陽の光で植物のエネルギーを転写して母液を作り、

それに保存料のブランデーを加え、

更に水薄めて使います。

成分は検出されません。

 

現在では花を痛めないように摘み取らず、その側に水をたたえた水晶のボールを置き、瞑想状態に入って花のエネルギーだけを集めてエッセンスを作る方法もあります。

 


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ